港南区の出張写真撮影

港南区の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 港南区

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは港南区でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 写真

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 写真 依頼

 

≪地域情報≫

 

●概要
昭和44年(1969年)10月1日、行政区再編成により南区より分区して発足した。かつては農村地帯が広がっていたが、1950年代から虫食い的に宅地開発が始まった。1970年代には野庭(のば)団地、港南台団地などといった巨大団地が形成され、人口は爆発的に増加した。発足時の人口は約9万5千人であったが、現在では約22万人の暮らす住宅都市となっている。戦後しばらくは、大岡川沿いに捺染工場が林立し、横浜名産のスカーフが生産されていた。

 

●地理
区の北東を京浜急行本線が通り、また北東から中央部にかけて横浜市営地下鉄ブルーラインが通り、さらに南にはJR根岸線が通っている。区の中央部には横浜横須賀道路が縦断しており、鎌倉街道との交点に日野インターチェンジ、環状3号の交点に港南台インターチェンジがそれぞれ設けられている。区の南北には鎌倉街道、東から北にかけて環状2号、南には環状3号が通っている。

 

商業地は主に上大岡駅周辺と港南台駅周辺で、区役所や警察署など官公庁は港南中央駅周辺に集中している。特に上大岡駅周辺地区は、横浜市における主要な生活拠点(旧:副都心)位置付けられており[1][2]、市街地再開発事業が進行中である。横浜市内の行政区の中で唯一、区が旧武蔵国と旧相模国に二分されている。

 

●町名
大久保、上大岡東、上大岡西、上永谷、上永谷町、港南、港南台、港南中央通、最戸、笹下、下永谷、芹が谷、野庭町、東芹が谷、東永谷、日限山、日野、日野中央、日野南、丸山台

 

●名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
久良岐公園
神奈川県戦没者慰霊堂
横浜市営日野公園墓地(美空ひばりの墓がある)
ひまわりフェスタ(区民まつり 11月)

 

●歴史(1950年から)
1950年12月1日 南区役所港南出張所が開設される。
1954年4月 横浜市立南高等学校開校。
1964年11月1日 港南出張所が港南支所になる。
1969年10月1日 行政区再編成に伴い港南支所管内[7]を南区から分区し、港南区が発足。
1970年5月 区の人口が10万人を突破する。
1971年10月 港南区総合庁舎落成。
1972年12月16日 市営地下鉄1号線(ブルーライン)伊勢佐木長者町-上大岡間開通。
1973年4月9日 国鉄(現在のJR)根岸線洋光台-大船間開通。港南台駅開業。
1973年4月 神奈川県立港南台高等学校開校。
1976年9月4日 市営地下鉄1号線上大岡-上永谷間開通。港南中央駅・上永谷駅開業。
1978年6月 横浜港南メディカルセンター完成。
1984年6月 区の人口が20万人を突破する。
1985年3月14日 市営地下鉄1号線上永谷-舞岡間開通。下永谷駅開業。
1986年4月 神奈川県立永谷高等学校開校。
2003年4月 神奈川県立野庭高等学校と神奈川県立日野高等学校が統合され、神奈川県立横浜南陵高等学校となる。

2014年4月10日 定時制高校の神奈川県立横浜明朋高等学校開校